【美容師が教える】髪の傷み・ダメージから守るための基礎知識(PH編)

髪の傷み・ダメージから守るための基礎知識(PH編)

こんばんは。

今回から髪のだーめーじについてです(^^)/

髪のPHとダメージについて

今日は髪とPH(ペーハー)について、話したいと思います。

聞きなれないかもしれないけど、美容院とかでペーハーって聞いたことないですか?

いきなり、ペーハーって言われても分からないかもしれませんが、PH(ペーハー)とは水素イオン濃度って難しい単語なんですけど、そんなことはどうでもいいです。

PHはね、0から14まであって、真ん中が7でそれより低いものが酸性。
ちなみに、レモン水とかはPH2~3の酸性です。

石鹸水はアルカリ性でPH9~10くらい。

髪には等電帯(とうでんたい)っていうのがあって、それがPH4.5~5.5。
等電点はPH5なんですけど、それが髪にとって一番良い状態、強い状態なんです。

パーマ液なんかはPH8~10くらい、一般的なやつでね。
カラーは10。

髪のペーハーが高くなるとどうなるの

PHが高くなると髪が膨潤(ぼうじゅん)してしまって、薬液が入っていく構造なんですけど、PHが高くなると髪が不安定な状態で、一番傷みやすくなるんです。

そのまま放っておくと髪の本来のPHが4.5~5.5なので、髪が膨潤し中の栄養が出ていきやすい状態になります。

パーマやカラーなんかをする時は、一番髪の強い等電帯になるべく早く戻すということが、髪を傷めずにおく手っ取り早い方法なんです。

そこは担当の美容師さんに相談し、そういうことをしてくれているのか確認するのが良いでしょうね。

美容院などで「シャンプーの後早く乾かしてくださいね。」って言われたことがある人もいるかもしれません。

水は中性なんで(PH7)、髪の一番状態の良いPHよりは高いので、同じく髪が膨潤してしまっているんですよ。

そうすると髪の栄養が出やすかったり、自然乾燥だとキューティクルが不揃いにしまってしまっていくので、つやが出なかったり、バサバサになってしまいます。

豆知識として、ホームカラーなんかをする人もいると思います。(しないほうがいいんですけど。。。)

しないといけない人は、カラーの後にお酢を薄めて、カラーの上からかけたりするとPHが低くなるので、そのまま放っておくよりはいいと思います。

まとめ

髪のPHがどうのと言う話でなく、パーマやカラー、また普通の水でも髪の健康な状態ではないから、それを出来るだけ早く戻すことがダメージを少なくするためには必要ってことですね。

「カラーの後には薄めたお酢をかけたら良い」とか、それだけ聞くと信じられないですよね。
ちゃんと科学的な理由があるんですよというお話でした^^

髪をダメージから守るために、こちらもご覧ください。

最初のコメントをしよう

必須