【美容師が教える】髪の4種類の結合でヘアスタイルが決まる!

髪の4種類の結合でヘアスタイルが決まる!

ヘアスタイルが上手にいかずにイライラしていませんか?

パーマや、ドライヤー、はたまたヘアアイロンで四苦八苦していると、気づくと髪がバサバサで枝毛がいっぱいなんてことも。

今回、少し難しいんですけど、髪のスタイル、髪の形が決まる要素をお伝えしますね。

理屈が分かれば、
「知らないうちに無茶なことをして髪にダメージを与えただけ」
なんてことを防げますし、効果的にヘアスタイルを整えるなんてことが出来ますよ。

髪の形は4種類の結合で決まる

髪の毛はケラチンタンパクっていう、タンパク質からできてるんですけど、このケラチンタンパクは、ポリペプチドっていうアミノ酸がつながったものです。

で、このポリペプチド同士をくっつけるのに4種類の結合があるんですね。

この結合を切ったり再結合することで、髪の形・ヘアスタイルが出来上がるんです。

結合を「切る」って言いますけど、ハサミやカッターで切るわけではないですよ。
感覚的にはくっついているのを剥がす・剥がれるって感じですかね。

髪の結合

毛髪の結合って言うのは4つあります。

この結合が4つでしっかり繋がっていてこそ、毛髪は健康で強い状態になっています。

水素結合

まず1つ目、水素結合です。
髪が濡れると結合が切れて、乾かすとまた繋がる結合のことです。

まぁ関係するのは寝癖とかブローですよね。
しっかり乾かしていると寝癖がつきにくく、また、乾いているとブローで形はつきません。

雨の日に髪がまとまらないのは、毛髪が水分を吸収してこの水素結合が切れてしまうからですね。

花王さんのサイトで分かりやすい図があったので紹介します。
水素結合

画像引用元:株式会社花王ヘアケアサイト

イオン結合

次にイオン結合です。
髪のpHが崩れてくると結び付きが切れてしまいます。

pHは 4.5 ~ 5.5 の時に一番安定しております。
まぁ関係するのはパーマや、カラー、酸性シャンプーですね。

パーマやカラー材はpHが高くて髪を膨潤させて薬剤を浸透させます。
それをしっかりと戻していくのが重要となります。

パーマやカラーの後は酸性シャンプーで洗うと髪が引き締められて、より良いかなと思います。

シスチン結合

3つ目はシスチン結合。エスエス(S-S)結合とも言います。

このシスチン結合を利用してパーマをかけていきますね。

パーマの1剤(還元剤)で結びつきを切って、髪を曲げて、2剤(酸化剤)で再結合させていきます。

まずは、過剰にシスチン結合を切ったりとか、まぁ少なからずパーマを当てるということは切るんですけど、過剰にすると駄目なんですね。
次のペプチド結合も少しづつ切れちゃうんですよね。

そして、シスチン結合を切ったら、しっかりと再結合させることが重要になります。
これが不十分ですと、パーマが早く取れてしまうんですね。

ペプチド結合

4つ目はペプチド結合です。

これが基本的な結合なんですけど、髪の縦の繋がりになります。

髪は繊維状で縦に強い構造となっていて、このペプチド結合が髪の命!
命のつながりです。

これが切れると二度と戻りません。

過度なアルカリ剤や加水によってペプチド結合が分解されるんですよ。

関係するのは断毛・枝毛ってゆうことですよね。

枝毛になってるということは、このペプチド結合が切れてしまっているので、もう戻りません。

まとめ

家で関係するのは水素結合くらいなんですけど、しっかり乾かして下さい。

しっかりと乾かさないと、水素結合が不十分で髪が安定しません。

安定しない髪の毛は、摩擦や引っ張ったときに伸びてしまったりとか、痛みの原因にもなってしまいます。

どの結合もすごく大事で不十分だと内側の栄養が出ていって、タンパク質が軟化して柔らかくなったりして毎日のシャンプーで痛み、パーマとかカラーも取れやすくなっていきます。

もちろん髪の強度低下・水分低下にも繋がり、髪の健康がどんどん失われていきます。

髪の形の理屈をしって、髪を出来るだけ傷めずに、ヘアスタイルを楽しんでください。

日頃のヘアスタイルは髪の乾かし方でも違ってきますよ。
思い通りに、より簡単に思ったヘアスタイルができるように、こちらの記事も参考にしてください。

最初のコメントをしよう

必須