【美容師が教える】髪の毛の紫外線対策~なんとダメージは肌の5倍!

髪の毛の紫外線対策~なんとダメージは肌の5倍!

今日は紫外線の超怖い!
しっかり対策が必要ですよって話をしたいと思います。

紫外線と言えばみなさん肌に関してはすごく気を使っていると思いますけど、今回は『紫外線と髪の毛』についてのお話です(^^♪

紫外線?正しく知っていますか?

そもそも紫外線って何ですかね?

紫外線とは太陽光線の一種です。

太陽光線にはいろいろあります。その中の一つが紫外線です。
紫外線にはUVA A波 UVB B波 UVC C波の3タイプが存在しています。

ちなみに、UVとはウルトラバイオレットの略です。
なんか、歌にもありましたかね^^?

そのUVの3種類は届く力が違います。

  • UVAは窓ガラスを通過するほど強力
  • UVBはオゾン層、雲に若干遮られる
  • UVCはオゾン層を通過できない

私たちの肌や髪に影響するのは、UVAとUVBになります。

UVAは窓ガラスも通過しますので、肌や髪の奥の方まで届いてしまいます。
家にいれば安全と思っている人もいますが、太陽の光が届くところにはUVA波は存在します。

まずは肌に与える影響のおさらいです(^_-)-☆

紫外線が肌に与える影響には無限と言っていいほどあって、まだ解明されてないことも多いです。

一言でゆうなら肌があり得ないほど老化します。

年を重ねるにつれてシミやしわ・たるみなど必ず出てきますが、実はそれは加齢ではなくて紫外線が原因だったりします。

一説によると肌老化の90%は紫外線の影響とも言われています!

UVAの肌への影響

UVAは表皮を通過して肌の奥、真皮層と言われる部分にまで届きます。

この真皮層はコラーゲン・エラスチンなど肌のはりを支える部分が蓄えられている部分で、UVAを長時間浴びることで、それらの成分が破壊されてしまい、結果しわ・たるみに繋がっていきます。

日焼け止めの数値でいえば、PA+とかありますよね。
PAがUVAの防止力を表しています。

UVBの肌への影響

私たちが日常的に日焼けと呼んでいるものは主にUVBが原因です。

肌が赤くなったりヒリヒリして痛くなったり、水ぶくれが出来たり、肌が荒れたりニキビが出来たりは、全部UVBのせいです。

日焼け止めの数値では、SPFがUVBを防ぐ力を表しています。

紫外線の良い部分?

実は紫外線の影響では、良い部分もあります。

ビタミンD3を作ったり、皮膚治療にも用いられます。
光線治療といいますよね。

あと、殺菌効果もあります。

悪い部分は、急性なもので日焼け、免疫の低下、慢性なものとしてシミやしわ、良性腫瘍、皮膚がん、白内障の影響などがあります。

日常生活を送る上で完璧に紫外線を遮断することは無理ですので、できる限りの紫外線対策をすることがベストです(^^)/

髪と紫外線の関係

続いて、紫外線の髪への影響についてお話ししていきましょう。

髪の毛は肌の5倍以上も紫外線に影響されると言われています!

髪の乾燥や強度の低下、また、キューティクルがはがされ、髪の成分が破壊されます。

他にも、色素や光沢の消失など影響はたくさんあります。

通常は紫外線が毛髪にあたると紫外線が吸収され、毛髪を構成しているアミノ酸が酸化され、髪を構成するケラチンタンパクが別の物質に変化しダメージになります。

また、毛髪のシスチン結合(SS結合)が切れ、酸化によってシスチン酸 SHO3が生成され、これも髪の毛のダメージの原因となります。

*シスチン結合について、こちらを参考に^^

特に、プールや海水浴で髪が濡れている状態で紫外線を浴びてしまうと、シスチン酸の生成が加速されさらにダメージが大きくなりますね。

ヘアカラーと紫外線

多くの人がしているヘアカラー、これも紫外線の影響を強く受けます。

紫外線でヘアカラーがすぐ退色してしまうのです。

紫外線に含まれるUVB波がメラニン色素を分解し、髪の毛の色が抜けて赤茶色になり、光を透かすと白っぽい弱々しい髪になります。

染めていない黒髪でも変色しますし、カラーをしている人はなおさらです。
特にダメージがある人はより変色が進むので注意が必要ですね

僕が担当している某女子ゴルファーの方は染めていなくても茶色になったり、トーンの低いカラーで染めたときも1ヶ月後には金髪近くになっています(゚д゚)!

それほど紫外線は怖いです。
もちろん頭皮にも悪い影響を与えます。

紫外線の対策

紫外線対策としては手っ取り早いのは、1番は帽子をかぶる、特にUV防止効果のあるもが望ましいです。

プラス日傘を使うことにより効果が増えます。

あとUV効果のあるヘアケア剤、最近は洗い流さないトリートメントでUV効果のあるもの、スプレータイプで、スプレーをかければ紫外線から守れてツヤツヤになるものも多くあります。

UV効果のあるスタイリング剤も出てきています。
中には頭皮につけれるタイプのスプレータイプもあります。

積極的に利用していくことをおすすめします。

ただし、UVケア剤は髪の毛や頭皮に残りやすいので、しっかりとシャンプーしてクレンジングしていくことが大切です。
肌の日焼け止めと同じく、皮膚が乾燥する原因にもなります。

まとめ

みなさん肌にはしっかりUV対策していると思います。

髪の毛は5倍以上も影響を受けると言われています。

一番太陽に近い髪の毛。
紫外線対策をしていくことでダメージから守りましょう!

しっかりと対策すれば、ツヤツヤの髪を守れますよ。

最初のコメントをしよう

必須