【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いと付け方

トリートメントとコンディショナーの違いと付け方

髪の艶や健康を意識している人は、まずトリートメントやコンディショナーを変えようと考える人が多いようですね。

ですが、トリートメントとコンディショナー、それとリンスの違いを知っていますか?

また、トリートメントをベタっと全体に塗れば良いと言うわけでもありません。

場合によっては、逆効果にもなります!

今回はトリートメント・コンディショナー・リンスの違い。
それと、トリートメントの付け方に関してお話したいと思います。

トリートメント、コンディショナー、リンスの違い

基本的にシャンプーの後には、トリートメント・コンディショナー・リンスどれかを使っていると思います。

まずは違いを抑えておきましょう。

  • リンスは髪の表面をコーティングして保湿し、保護するものです。
    キューティクルをなじませ指通りをよくします。

    リンスは髪の中に入っていかないので時間をおく必要はありません。

    もともと、リンスは昔石鹸で洗っていた時に使いだされたものです。
    石鹸はpHが高くアルカリ性なので、髪が膨潤してキューティクルが開いてしまいます。
    そこで、酸性のリンスでpHを戻してキューティクルを戻していたのです。

  • コンディショナーはリンスとほぼ同じ効果です。
    リンスより保湿等の効果が高いものです。

    中には、若干内側に入ってケアするものも出て来ていますね。
    ですが、トリートメントよりはケアの効果は薄いです。

  • トリートメントは、リンスやコンディショナーと違い、髪の内側に栄養を与えケアしていく目的のものです。
    髪の表面も整えてくれます。

    名前のとおり髪を補修する目的のものですね。
    トリートメントは内側に入っていくので少し時間をおく方がより効果が出ます。

トリートメント、コンディショナー、リンス髪のケアには全部必要?

トリートメントには、リンスとコンディショナーの効果が含まれているのでトリートメント1つで大丈夫です。

ダメージが少なくて仕上がりが軽い方が好きな人は、リンスやコンディショナー1つで大丈夫です。

家でのトリートメントはあくまでも毎日の基本的なケアなので、本格的な補修が必要な人は美容院で相談しましょう。

髪の痛みが酷い人は家で出来るケアとして効果的なのは、シャンプーして、まずトリートメントし、それからリンスかコンディショナーをすれば良いです。

トリートメントの付け方

トリートメントの基本的な付け方を紹介します。

  • トリートメントの付け方はシャンプーの後、水気を切って下さい。
    多いと水でトリートメントの効果が薄まります。
  • その次、適量を手に取ります。
    だいたいミディアムヘアでさくらんぼ大程度ですね。
  • 髪につける場所は、まぁだいたい痛んでるところは中間か毛先ですよね。
    中間から毛先につけて下さい。

根元につけると、毛穴が詰まったり、髪がペタんっとなったり、それを続けているとべたつきの原因になります!

健康な部分(髪の根本)にはトリートメントはいりません!

風邪を引いてる時には薬を飲みますが、健康な人は薬を飲みませんよね。
健康な人が薬を飲むと、逆に不健康になってしまうこともあります。

そういうのと同じです^^

トリートメントのワンポイント♪

乾かした後にサラサラ感が欲しい人は、トリートメントを毛先につけた後、手に残った分をフェイスラインからトップになじませて下さい。

その後、耳の位置から手櫛で毛先に向かってなじませて下さい。

荒めのコームなどで梳かしながら全体につけても効果的です。

この時、滑りが悪いなら水分を少し足して滑りを良くしても良いです。

特に痛んでいる人は毛先のチリチリ感がなくなるまでなじませて下さい。

それから揉み込むとより効果的が出ます。

また、効果がより出る方法としては、蒸しタオルやヘアキャップなどで包んで3分から5分ほど置くとより良いです。

最後のお流しは、トリートメントを流し過ぎないように余分なヌルヌル感がなくなったらOKです。
少ししっとりする感じが残るくらいがベストです。

ポイントは少し時間を置く根元につけすぎない揉み込みする流しすぎないってことですね。

まとめ

今まで何となくトリートメントを使っていた人は、少しだけ付け方を意識してみてください。

効果が全然違いますよ。

せっかくトリートメントを使うなら、しっかりと効果を出したいですね。

ダメージケアも大事ですが、髪のダメージそのもの少なくすることも重要ですよ。
何が髪にとってダメージなのか基本的なことを知っておきましょう。

最初のコメントをしよう

必須